メニュー

外国人本人から「就労資格証明書」が提出されないときは?? - 株式会社TOHOWORK

新着情報

外国人本人から「就労資格証明書」が提出されないときは??

カテゴリ: コラム 公開日:2018年11月30日(金)

こんにちは。

 

外国人人材紹介会社

TOHOWORKの和田です。

 

現在雇用の仕方が直接雇用の高度人材、技能の習得を目的にした技能実習生、時間の制約があるアルバイトの3つが主な雇用の仕方だと思います。

 

しかし、ここ最近よく聞くのがインターンシップとしての受入れです。

 

仕組み的には技能実習生に近いものがあるのですが、雇い主側もインターン生側も軽いトライアルのような感覚で始められるということで注目されているそうです。

 

その中でもホテルや空港で研修してもらうインターン生が多いようですね。

 

弊社でもインターンシップの制度がどのようなものかしっかり調べ、新たな雇用方法の一つとしていきたいと考えています。

 

 

 

 

 

 

さて、それでは今日のテーマです。

 

今日は「就労資格証明書」についてです。

 

 

uytrs

 

 

ちょっと聞きなれない名前かもしれませんが、転職者を雇用されるまたは雇用されている企業様にはぜひとも知っておいてもらいたい内容となっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

就労資格証明書により、転職後の従事業務が在留資格の活動に含まれることを確認する

 

就労資格証明書は、外国人が転職したときに、新しい勤務先で仕事に就いたときに申請し、入管局から交付を受けるものです。

 

転職後の従事業務が現在の在留資格に含まれることを入管局が確認する意味があります。

 

具体的には「本邦において下記の活動を行うことが認められていることを証明します」という証明書が入管局から交付されます。

 

一般的に、外国人の現在の在留資格に該当する活動であれば就労が認められます。

 

そのため、この就労資格証明書がなければ就労できない、というわけではありません。

 

しかしコンプライアンス(法令遵守)の面からは、入手すべきものです。

 

入管法第19条の2では「何人も、外国人を雇用する等に際し、その者が行うことができる収入を伴う事業を運営する活動又は報酬を受ける活動が明らかな場合に、当該外国人が就労資格証明書を提示し又は提出しないことを理由として、不利益な取り扱いをしてはならない」と定めています。

 

例えば「技術・人文知識・国際業務」の在留カード(有効期限内)を持つ大卒の外国人は、通訳・翻訳の業務に就くことが可能です(可能なことが明らかです)。

 

そのような場合に、就労資格証明書を提出しないことにより、不利益な取扱いをしてはならない、ということです。

 

しかし、外国人が報酬を得て行うことができる活動が明らかではないときは、そうではありません。

 

「技術・人文知識・国際業務」の在留カードを持つ外国人でも、自動車整備専門学校を卒業した専門士は、原則、通訳・翻訳に従事することはできません。

 

専門学校で専攻した自動車整備の業務に就くことが前提で「技術・人文知識・国際業務」が許可されたのであり、通訳・翻訳に就くことは前提にしていないからです。

 

このようにその外国人に許可された活動(就労)に当たるかどうかが、すぐにわからない場合があります。

 

そうしたケースでは、就労資格証明書を得て確認することが賢明です。

 

許可されていない就労を続けると、本人も会社も不法就労を問われることがあるからです。

 

 

asdfg 

 

 

 

 

「永住者」「日本人の配偶者等」の外国人は、就労資格証明書を得る必要はない

 

就労に制限のない外国人は、日本人と同様にどんな仕事にも就くことが可能です。

 

「永住者」、「日本人の配偶者等」、「永住者の配偶者等」、「定住者」の4つの在留資格は就労に制限なく、「特別永住者」も同様です。

 

そのため、そもそも就労資格証明書を交付してもらう必要がないのです。

 

転職した外国人なら誰でも就労資格証明書の交付が必要というわけではありません。

 

 

 

 thL6Z738KT

 

 

まとめ

 

転職後の業務が「不法就労」にならないことを外国人・会社の両方が確認するためにも就労資格証明書の交付を受けるのが望ましいです。

特に、その外国人に許可された活動(就労)に当たるか不明な場合は、確認が必要です。

なお「永住者」などの外国人は、この証明書は不要です。

 

 

 

 

Copyright©株式会社TOHOWORKAll Rights Reserved. login