メニュー

新着情報

そもそもビザってなに??

カテゴリ: コラム 公開日:2018年07月26日(木)

みなさん、こんにちは。

 

外国人人材紹介会社

TOHOWORKの和田です。

 

今日のと東京の天気は曇りです。

 

ようやく暑さも一段落というのもつかの間、週末には台風が直撃するんだとか。。。

 

お仕事の人もレジャーに出かける人も天気予報のチェックはこまめにして予定を立ててくださいね。

 

 

さて、今日は「ビザ」についてお話したいと思います。

 

yjimage2

 

ビザのことについては、弊社のYouTube動画でも少しお話させてもらいましたが、改めて簡単に説明させていただきます。

 

ビザというのは在留資格と呼ばれるもので、何のために日本にいるのかが分かるものになっています。

 

例えば、日本へ勉強しに来ている学生などは「留学」という種類の資格が与えられます。

 

他にも旦那さんや奥さん、両親にくっついて日本へ来ている人たちには「家族滞在」という在留資格が与えられます。

 

今日はこの二つのビザの特徴について話していきたいと思います。

 

最近では家族滞在ビザで日本に住んでいる外国人の方が増えてきたように思えますね。

 

ちなみに、家族滞在ビザで日本に連れて来ることができるのは配偶者と子供のみとなっております。

 

親、兄弟姉妹は「家族」ではあるものの「家族滞在」ビザが交付されませんのご注意ください。

 

では、上記二つの「留学」と「家族滞在」のビザを持っている人を会社で雇用することは可能かという質問があります。

 

結論から申し上げますと、上記二つの在留資格での雇用は不可となっております。

 

仮にアルバイトとして雇いたいのであれば当該外国人が事前に「資格外活動許可」を取っていなければなりません。

 

「資格外活動許可って何?」という声が聞こえてきそうですが、簡単に言うと日本でアルバイトをするための許可証みたいなものだと思ってもらえればいいです。

 

「それで?それを取ってるかどうかはどうしたら分かるの?」

 

はい、チェックポイントは簡単です。

 

th1

 

外国人が携帯している在留カードの裏面の「資格外活動許可」という欄に「許可(原則週28時間以内・風俗営業等の従事を除く)」というスタンプがあればOKです。

 

ただし、風俗営業等のお仕事はできませんのでご注意を!!

 

風俗営業にあたるものとしては、バーやキャバクラ、パチンコ、麻雀店、ゲームセンターなどのアルバイトがこれにあたります。

 

また、1週間に働ける時間も28時間以内で、「留学」ビザを持っている人が学校を休学中、若しくは退学・卒業してしまっている場合はアルバイトができませんので、こちらも気を付けてください。

 

ルールを守らないまま働き続けていると当該外国人は次のビザ申請ならびに更新ができなかったり、最悪の場合強制帰国させられます。また働かせていた会社やお店でも罰則が科せられます。

 

くれぐれもルールを守って働かせてあげてください。

 

ただし、夏休みや冬休みなどの長期の休みに限って1週間40時間まで働くことが可能となっています。

 

しかしながら、これは「留学」のビザを持っている人のみで「家族滞在」ビザを持っている人は28時間以内のままですのでこの点も覚えておいてください。

 

ちなみに「資格外活動許可」の申請方法ならびに必要書類は、

 

資格外活動許可申請書」をダウンロードし、記入した後

 

・資格外活動許可申請書

・パスポート

・在留カード

 

を持って入国管理局へ提出するだけです。

 

原則としてその日に発行されます。

 

yjimage1

 

 以上はアルバイトとして雇用したい時の説明です。

 

「留学」や「家族滞在」の在留資格でフルタイムとして雇用することは認められていませんので、その時は在留資格を変更して雇用することになります。

 

「在留資格変更許可」につきましてはまた別のコラムで説明していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

就労ビザの申請先はどこ?

カテゴリ: コラム 公開日:2018年07月13日(金)

みなさん、おはようございます。

 

外国人人材紹介会社

TOHOWORKの和田です。

 

今朝はセミの声で目が覚めました。

 

もう夏なんだなあと感じる瞬間でした。

 

さて、今日はビザの申請先についてお話したいと思います。

 

外国人を雇用する時には必ず就労ビザを取得しなければなりません。

 

そして、ビザを取得するためには入国管理局にビザの申請を行う必要があります。

 

yjimage

 

外国人を雇用する時、大きく分けると2つのパターンが考えられます。

 

それは、海外にいる外国人を雇用する場合とすでに日本に在留している外国人を雇用する場合の2パターンです。

 

海外にいる外国人を雇用するために行う申請を

 

在留資格認定証明書交付申請

 

と言います。

 

一方、すでに日本に在留している外国人を雇用するためする申請はビザの変更・更新で

 

在留資格変更・更新

 

と言います。

 

海外にいる外国人を雇用するための「在留資格認定証明書交付申請」は、

 

当該外国人が働く予定の勤務地を管轄する入国管理局

 

に申請を行っていきます。

 

例えば東京都にある会社で働く予定の外国人のビザ申請は東京都管轄の入国管理局に申請することになり、大阪府で働くなら大阪府管轄の入国管理局に申請を行うことになります。

 

次に、すでに日本に在留している外国人を雇用するために行う「在留資格変更・更新」の申請先は、

 

当該外国人の住居地を管轄する入国管理局

 

が申請先となります。

 

例えば、大阪府に在住しているAさんが、福岡県で就職が決まった場合には、就職先の福岡県を管轄している入国管理局に申請を出すのではなく、現在の居住地である大阪府を管轄している入国管理局に申請をすることになっているので注意してください。

 

 

なお入国管理居の管轄につきましては以下のリンクからご確認いただけます。

 入国管理局の管轄

Copyright©株式会社TOHOWORKAll Rights Reserved. login